インスタントレードは儲かる?大きく儲けるにはどうすればいい?

インスタントレードで儲けるには対策が必要

インスタントレードとは、FXのプロトレーダーを選んで資産を運用するソーシャルトレードの自動売買サービスです。FXについての説明は省略しますが、実際に儲けを狙うとなると、それなりの対策を立てなければなりません。

その対策を次に挙げて、解説していきます。

勝ち組のプロトレーダーを見極めること

勝ち組のプロトレーダーとは文字通り、FXで勝ち続けているトレーダーを意味します。通常ならそのトレーダーを選んで利益を求めるのですが、相場が変動して、勝ち組から負け組に転落するということがあるわけです。

もうひとつは、相場の変動によってランキングが大きく変わることにあります。インスタントレードの公式サイトのトップページにアクセスすると、いきなりランキング形式という形でプロトレーダーが記載されています。

オススメランキングを見てほしいのですが、やはり勝ち続けている傾向にあり、そういったプロトレーダーをフォローするのは適切です。しかし、先ほど説明したように、勝ち続けていたトレーダーが勝ち組から負け組に転落する可能性もあるので、転落する傾向にあるのなら、早く見切りをつけたほうがいいでしょう。

あえて負け組のプロトレーダーを選ぶという方法もある

負け続けているトレーダーを選ぶのは避けなければなりませんが、そのトレーダーを選ぶことで儲けにつながることがあるということです。どうすれば儲けにつなげるのかというと、インスタントレードで儲けているトレーダーをフォローするのですが、逆に損しているトレーダーをリバースします。

リバースすることで、プロトレーダーが損すればするほど、ユーザーの利益につながるというわけです。フォローだけでなくリバースの選択を考えなければなりません。損をしているトレーダーを避けるのではなく、いかにして損するトレーダーを活かせばいいのかと考える必要があるということです。

インスタントレードの登録先はこちら!

情報収集を怠らないようにするのがコツ

トレーダーをフォローまたはリバースして終わりというわけではありません。常に情報集を徹底しなければなりません。どのように情報を収集するのかというと、定期的に配信されるメールマガジンや、どのようなトレーダーがいるのかなど、色々と知らなければならないことが多いです。

もうひとつは、今後のトレンド(意味は流行)を予測することにあります。自動売買しているとはいえ、向こうにはプロトレーダーがFX取引をしているので、流行次第では大きな値動きがあると言えます。

流行については、どの投資分野にも共通するもので、この辺りについて極めると、多くの投資分野に活用できるでしょう。

ランキング上位のトレーダーが最下位に転落することがある

プロトレーダーが世界一の実力を持ってしても、負けることがあるというわけです。今日は勝ち続けてランキングが上位に達しても、次の日になったら転落する可能性があります。筆者が言いたいのは、トレーダーの順位に惑わされるなということです。

損をしまくっているトレーダーはリバースに変更、逆に利益を出しているトレーダーはフォローに変更するだけです。取引履歴を参考に決断すると良いでしょう。

注意点を知れば儲かるかもしれない?

インスタントレードはスマホ操作だけでも参加できるという大変便利なものですが、注意点を知ることで、それが儲けにつながることに期待が見込めるというものです。これはインスタントレードに限った話ではなく、これは「楽に儲かってウハウハになれる」などという甘い言葉に惑わされないように注意しなければなりません。

その注意点を次に挙げて詳しく解説しますので、それを基に対処方法を考えるといいでしょう。なぜ考えなければならないのかというと、結局は自分自身が勉強して覚えなければならないからです。

余剰資金で必ず行うこと

批判的な説明になるかもしれませんが、インスタントレードは借金してまで参加する必要性は高くありません。余剰資金内で行えば借金の可能性は非常に低く、借金を背負うことなく参加できるということです。

初めて参加する場合は最低30,000円以上の入金が求められるという残念な一面はありますが、30,000円以上の入金を済ませれば、2回目以降は最低10,000円からとなります。初回からいきなり30,000円以上というのは、経済的なゆとりがない人にとっては高いコストになるというわけです。

セーシェル共和国の海外企業だから

インスタントレードの運営企業は「JT BRIDGE LIMITED」と言い、日本ではなくアフリカ大陸東に位置するセーシェル諸島にあります。セーシェル共和国というのは、セーシェル諸島の国であるのは言うまでもありません。

なぜ海外企業であるという理由で注意しなければならないのかというと、日本の法律が適用されないからです。ハッキングなどで資金が流出したとしても、結局は自己責任になります。悪い言葉で言えば、実質的な無法地帯だということです。

こういったリスクを考える以上、最小限の被害を留めるために、あえて少ない資金で参加するのもひとつの手法でもあります。

監視し続けなければならない

なぜかというと、トレンドなどの変化によって値動きが激しくなり、その影響でトレーダーの収益と損失が変化していくというものです。インスタントレードは自動売買の仕組みを取っているのですが、その本質は、インスタントレードに参加するプロトレーダーが本当に取引していることにあります。

相場が崩れて大きな損失を被ることは、フォローを入れたユーザーにも損失を被るとつながるので、目を離したすきに大きな損失を被っている場合があるということです。いかなる理由があっても、目を離さないことが重要です。

確率は低いが借金の可能性もある

極めて稀ですが、大きな値動きでロスカットが追い付かず、追証が発生して不足分を入金しなければならないことがあります。株やFXの話になりますが、現物取引で追証はありませんが、信用取引であれば話は別です。

信用買いを設定したのだが大きな値下がりで損失を被って追証が発生した、信用売りこと空売りを設定したのだが暴騰して大きな損失を被り追従が発生したなどというケースをよく聞きます。

インスタントレードも例外ではなく、場合によっては借金まみれになる可能性があるということです。稀ですが、ゼロではないことを覚えておきましょう。よほどのことがない限りそれほど心配する必要はないでしょう。

最後に

インスタントレードは誰でも簡単に使える便利なツールですが、儲けるコツを知っているか知らないかで稼げる金額が変わってきます。
全く何もせずにフォローして放置するだけでも設けることが出来るのがインスタントレードの醍醐味でもありますが、やはりこまめにチェックして常に最新情報をチェックすればより大きく儲けることが出来るでしょう。
いきなり大金を投資せず、最初は少ない金額で自分に合った使い方をしっかりと見極めた上で徐々に資産を増やしていくのがおすすめの儲ける方法です。

インスタントレードの登録先はこちら!


AV女優達がインスタントレードに挑戦!