FX初心者にインスタントレードがおすすめの理由とは?

「FXを始めてみたいけど難しそうでやり方が分からない」、「投資がしたいけど負けるのが怖い」という方におすすめしたいのがインスタントレードです!特にインスタントレードはFX初心者におすすめで、自分でトレードして勝つ自信がないという人に人気があります。

FX初心者におすすめする理由とは

FXとは外国為替証拠金取引のことを言い、日本円をアメリカドルやユーロなど各国の法定通貨を売買または両替し、その差益を得るというものです。具体的に説明すると、国によって価値が保証された法定通貨は仮想通貨と同じく、常に値動きしています。

1ドル80円だったら8,000円で100ドルを購入して、1ドル100円に上がったら100ドルを売却すると、8,000円から10,000円になり、その差額である2,000円が利益になるというわけです。

しかし、急な価格変動などによって、逆に損することがあります。それ故にギャンブル性を秘めているのですが、中には「FXはギャンブルではない」とか「通貨を両替しているだけ」と考えるユーザーはいますが、ユーザーそれぞれです。

インスタントレードはソーシャルトレードというシステムを導入した、FXの自動売買ができるという独自のサービスです。なぜおすすめできるのか、その理由を次に挙げて、解説していきます。

FXの仕組みや内容がわからないから

インスタントレードの基本的なシステムは、プロトレーダーをフォローまたはリバースを選択するだけです。損失が拡大するかもしれないと判断した場合は選択を解除して、別のトレーダーに変更します。

通常、FXを始める場合は、FX業者を選んで口座を開設しなければならないのですが、書類やら手続きやらなど、色々と手間がかかります。しかし、インスタントレードの場合だと、運転免許証など本人確認書類が必要になりますが、即日で参加可能です。

FXを始めたいけどわからない、自分の無知が原因で資産を減らしたくないという人には、インスタントレードに頼るのもひとつの手法です。

プロのトレーダーが運用してくれるから

インスタントレードの特徴のひとつは、プロのトレーダーをフォローまたはリバースすることで自動売買ができます。初心者にかぎらず、FXできないほど忙しい人にとってはおすすめです。

なぜ自動売買ができるのかというと、自分の資産をプロのトレーダーに運用してもらうことで、自分の代わりに取引してくれるからです。この辺りについては投資信託と似ているようで、全く異なります。

投資信託は証券会社や銀行など金融機関の多くが扱う金融商品のひとつで、投資信託を扱う企業に資金を積み立てることで、自然と増やしてくれるというものです。しかし、投資信託はユーザー自身が投資家を選べません。

インスタントレードの場合だと、自分の判断でトレーダーを選べるという魅力的な面があります。自分の代わりにベテランのプロが運用してくれるので、FXに負け続けている人や初心者にはおすすめだということです。

スマートフォンでも簡単に操作できるから

FXに限らず、株式や仮想通貨などの投資に参加する場合はスマートフォンだけでは対応できず、パソコンが必要になります。なぜパソコンが必要になるのかというと、スマートフォンだけだと操作がしにくい、Googleなどプラウザのページを多く使うなどがあるからです。

それだけでなく、パソコンモニターの種類によっては、2画面や4画面など同時に表示されることにあります。複数表示されることで、取引しながら他の情報を収集することができるからです。

しかし、スマートフォンではそれができません。それ以前に、スマートフォンを使えてもパソコンが使えないという人も存在します。今ではFXや株式や仮想通貨でも、スマホアプリだけで取引できますが、指値注文や成行注文などを行うときは一定以上の操作が必要です。

インスタントレードの場合だと、スマホアプリは開発されていないものの、スマートフォン表示には対応しています。トレーダーをフォローもしくはリバースするだけの単純な操作なので、投資初心者だけどスマートフォンの扱いになれていない人には向いています。

インスタントレードの登録はこちらの公式サイトまで!

インスタントレードの注意点とは

FX初心者やFXに勝てない人にはおすすめと説明しましたが、利用する以上はいくつかの注意点を知らなければなりません。その注意点をいくつか挙げて、詳しく解説していきます。

運営企業はセーシェル共和国にある

セーシェル共和国とは、アフリカ大陸東のインド洋に浮かぶセーシェル諸島の国です。自然豊かに囲まれ、ビーチも美しく、観光旅行先として人気が高い国でもあります。

インスタントレードの公式サイトによれば、会社名は「JT BRIDGE LIMITED」と言い、所在地はセーシェル共和国にあるとのことです。なぜ注意点として挙げたのかというと、日本にない海外企業だからです。

日本にないということは、日本の法律に適用されないことにあります。通常、FXや株式や仮想通貨など金融商品を扱う場合は、金融庁の認可を受けなければなりません。しかし、インスタントレードの運営会社はセーシェル共和国にあるため、日本の法律に従う義務はなく、無認可状態で運営できます。

そのため、インスタントレードを利用する以上、FXを利用するよりはリスクが高いということです。

あくまでも余剰資金内で行うこと

インスタントレードは借金してまで参加する必要はありません。リスクについては先ほど説明したとおりで、儲かれば問題はないと言えますが、損する可能性は高いです。株やFXで借金してしまうというニュースは時おり聞きますが、ロスカット機能があるため、損失を最小限に留めることができます。

インスタントレードでもロスカットがあるので、借金はあり得ないということです。借金の原因は、消費者金融など金融機関から借金してインスタントレードなどに積み立てていることにあります。

ちなみに、公式サイトによれば、相場が短時間で大きく動いた場合、ロスカットが機能せず強制決済ができなかった場合、入金額以上の損失が出る可能性があるとのことです。極めて稀ですが、現実にそうなった場合は、不足分の入金をしなければなりません。

初回の入金額は30,000円から

初めて入金する場合は最低30,000円以上が必要ですが、2回目以降は10,000円からとなっています。銀行振込の場合だと、入会事務手数料として1,000円が必要です。

FXや株式や仮想通貨の場合だと、業者によっては最低10,000円からの入金が求められることはありますが、初回で最低30,000円というのはほとんどありません。高額な入金を求めても、それに応えられるユーザーは少ないということです。

それでも、参加したいユーザーは、多少損失を出しても問題はないくらいの資金に余裕を持ってからにしましょう。

インスタントレードに参加するならこちら!

最後に

インスタントレードはFXに挑戦してみたいけどいまいちどうすれば良いのか分からないという初心者におすすめの今人気の売買ツールです。FXはある程度の知識がなければ勝つのが非常に難しいものですが、インスタントレードなら自分は何もせずにプロに任せて儲けることが出来てしまいます!是非挑戦してみてください!


AV女優達がインスタントレードに挑戦!